コレステロールは確かに怖いけど

2016.01.26

コレステロールは確かに怖いけど はコメントを受け付けていません。

コレステロールという言葉は怖いですが、甘美な響きでもあります。

何故かというと、コレステロールを多く含む食べ物は美味しいものが多いからです。

ですが、その値が高いと病気になってしまったり病気になりやすいと言われています。

もちろん値が高いからといって病気になるとは限りません。

ずっと健康なままの人だったり、値に影響がない人もいるでしょう。

ですが、生活習慣病のことを考えると取りすぎないに越したことはありません。

色んな食べ物に入っているわけですから完全に避けるというのはどうしても無理な話なので、せめて摂取しすぎないように努力したいものです。

コレステロールを多く含む食べ物はたくさんあります。

もちろんコレステロール=毒というわけではないので、ある程度摂ることも重要です。

その境目が難しいわけですが、今はコレステロールを下げるサプリや食品も出ているので、そういうのに頼ってみるのもありなのかもしれません。

以前はそういうものがありませんでしたが、今は色々と出ています。

下げられるなら下げるに越したことはありませんし、これなら自分の好きなものも我慢せずにとまではいきませんが、美味しく食べることも可能かもしれません。

我慢のしすぎは体に毒です。

ある程度の我慢は必要でも、食べたいときはどうしても食べたいものです。

それが出来るのですから、現代はなんだかんだ言って幸せだと思います。

確かに食べすぎはよくありませんが、コレステレールが多いものはたまに食べ過ぎても良いと私は思います。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー